FC2ブログ

キリマンジャロ

158641734_876091233181168_3641001201001968969_n_convert_20210315100330.jpg

NHK BS放送で、キリマンジャロに挑戦する桐谷健太が放送されていた。
山頂付近には、氷河が存在するが、温暖化で失われつつある。
山頂の酸素の量は、平地の半分、天候の変化から急遽、最終アタックを
一日、繰り上げて、登ることにした。 日の出は、以前、剣岳に登った時を思い出す。
やはり、キリマンジャロは、大きな神の山であることを再認識させられた。
スポンサーサイト



掃除を徹底してやる

IMG_3274_convert_20200507190401.jpg

ある雑誌の記事によると、駅のトイレ掃除をもくもくと10年やると、
駅前に花が植わるようになり、華のお世話をする人が増えてきて、
駅の周辺のお店が、自分の店の前を履くようになった。
そして、2つの駅をトイレ掃除していたら、駅舎が新しく建て替わったそうだ。
自分も、我が家を徹底して掃除をし、磨くようになりたい。
そうすると、もやもやした気分もなくなり、ストレス解消につながるはずだ。
これからも、掃除を徹底してやっていきたい。

庭の手入れ

IMG_3325_convert_20200513190141.jpg

GWの期間中、どこにも、外出しないので、庭の手入れをすることにした。
我が家の家族が、全員、草むしりや、枝を切ったりと半日、格闘した。
その結果、すっきりとした庭になってきた。
今は、パンジーがまだ、咲いているが、もう少しするとる百合や、紫陽花も咲く。
小さな庭だが、手入れをすれば、気持ちよく過ごせるのは、ありがたい。
朝、さわやかな天気の中、ウッドデッキでブログを書くのを日課にしたい。

21世紀を生きる 司馬遼太郎

司馬遼太郎が、これからの日本を担っていく子供たちのために、書きおろした本。
大人が読んでも、感銘を受ける本で、教科書にも取り入れられている。
大阪にある司馬遼太郎記念館を訪れた時、この本を購入した。
「自然を尊敬し大切にする。自分に厳しく、他人に優しく。助け合って生きる。
日本人だけではなく、他民族へのいたわりの気持ちをも持てるように。
日本の歴史を知り尽くし、国民作家として膨大な作品を残した作家が、
最後にこれからの日本を担っていく子供たちに残したメッセージ。
自然破壊が進み、道徳心も優しい気持ちも、薄れてきている今、
「僕は、君たちを信じているよ。君たちならきっと出来る」。
読んだ人間に明るい希望を持たせ、その気にさせる素晴らしい本だ。

プレミアムカフェ 司馬遼太郎「アメリカ素描」を行く

IMG_3431_convert_20201025150236.jpg

NHKのプレミアムカフェ 「司馬遼太郎「アメリカ素描」を行く」は、
2003年、放送された番組だが、司馬遼太郎の考えが伝わってきていい番組だった。
司馬遼太郎氏の旅を、氏と親交のあったニューヨーク市立大学教授・
霍見芳浩さんとともに、現在にたどり実像に迫った。
1984年、司馬遼太郎氏は「文明だけでできた国」に旅立った。
その時の著作「アメリカ素描」を手がかりにたどり、アメリカの原動力と実像に
迫る異色の思索紀行だ。
プロフィール

toshichantm

Author:toshichantm
 「Toshio コミュニケーション プログ」へようこそ。日々の暮らしや旅先で感じたこと、本の感想などを徒然なるままに書いています。

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセス数
検索フォーム
リンク