Art exibitin (知人の個展)

IMG_8218_convert_20180213172030.jpg

同じ水彩画教室の方が、今週、元町で個展をしているので、クラスメートと一緒にギャラリーを訪れる。
狭い場所ではあるが、JR石川町から徒歩3分にあるので、訪れるには、便利で、気軽に入ることができる。
20数年間、水彩画室を学んでいて、今まで、多くの賞を獲得しているその方の作品を堪能した。
風景画、静物画、人物画など、さまざまな分野にわたる作品は、とても参考になった。
さらに、自作の人形も、飾っていて、時間を忘れるほど、素晴らしいひと時であった。
スポンサーサイト

古都の旅(チェンマイの印象)

IMG_8104_convert_20180211045548.jpg

2月のチェンマイは、乾季のシーズンのため、熱くもなく、寒くもなく、半袖のシャツで、過ごすことができた。
また、街全体が、様々な民族の影響を受けて築き上げられた文化により、ゆったりとした雰囲気を味わえた。
チェンマイは、人も優しく、「微笑みの国」と言われうタイの中でも、特に素晴らしい観光都市たと思う。

古都の旅(地方料理)

IMG_7961_convert_20180211044903.jpg

今回のチェンマイの旅では、様々な地元の料理を味わうことができた。
カントークは、北部の由緒あるもてなし料理で、丸いお膳に並んだ料理を民族舞踊を楽しむのが一般的だ。
カオソーイは、庶民の味として親しまれており、麺にカレーをかけたカレーラーメン。
タイヤキは、タイ風のしゃぶしゃぶ料理で、日本人には、特に好評な料理であり、美味しかった。

古都の旅(民族の踊り)

IMG_7984_convert_20180210151344.jpg

チェンマイは、魅惑の古都の言われるだけあって、民族衣装や、伝統的な踊りが美しい。
チェンマイの地元の料理を座って食べながら、目の前で、彼らの様々な踊りを鑑賞した。
特に、女性の舞いは、美しく、若く美しい可憐な姿をカメラで多く撮ることができた。

古都の旅(遺跡巡り)

IMG_8059_convert_20180210152059.jpg

チェンマイの南東5kmに、メンラーイ王によって築かれた最初の都がある。
ぴん川沿いにあり、度重なる洪水によって、都は土砂に埋まっていたが、寺院が発掘された。
馬に乗って、遺跡をめぐることができ、車での入場は出来ないエコ・ツーリズムになっている。
我々が訪れた遺跡は、Wiang Kum Kam Rremainsと呼ばれ、静かな村の中に点在していた。


プロフィール

toshichantm

Author:toshichantm
 「Toshio コミュニケーション プログ」へようこそ。
日々の暮らしや旅先で見たこと、感じたことを徒然なるままに書いています。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
アクセス数
検索フォーム
リンク